「ページを表示できません」「ページの有効期限が切れています」というエラーの対処方法

 title=

このエラーは下記の場合に発生します。
・複数のタブで画面を表示した後に投稿操作をした場合
・投稿した後にブラウザの戻るボタンで前の画面に戻った場合
通常は、ブラウザの戻るボタンで、エラー画面の一つ前の画面に戻った後、画面を再読み込みすると解決します。

画面の再読み込みで解決しない場合は、下記を参考にしてキャッシュ(ブラウザに一時的に保存された画面情報)のクリアをお試し下さい。

■キャッシュのクリア方法

1.強制再読み込み(スーパーリロード)を行う

ブラウザの戻るボタンで、エラー画面の一つ前の画面に戻った後、下記の操作を行って下さい。

・Windowsの場合

Internet Explorer Ctrl + F5 または Ctrl + 更新ボタン
Firefox Ctrl + F5 または Ctrl + Shift + R
Chrome Ctrl+F5 または Shift + F5

・Macの場合

Safari -
Firefox Commnad + Shift + R
Chrome -

2.設定画面からキャッシュクリアを行う

1の操作で効果が無かった場合の操作方法です。

・Windowsの場合

Internet Explorer 1.[ツール]メニューまたは歯車アイコンをクリックし、[インターネットオプション]を選択
2.[全般]タブの「閲覧の履歴」欄で[削除]をクリック
3.[インターネット一時ファイル]にのみチェックして[削除]をクリック
Firefox 1.ウィンドウ上部の[Firefox]をクリックし、[オプション]を選択
2.[詳細]をクリックし、[ネットワーク]タブをクリック
3.[キャッシュされた Web ページ]の項目で、[今すぐ消去]をクリック
Chrome 1.ブラウザのツールバーにある設定アイコンをクリック(横3本線のアイコン)
2.[ツール] をクリックします。
3.[閲覧履歴を消去] をクリックします。
4.表示されるダイアログで、[キャッシュ]のみをチェックして[閲覧履歴データを消去する] をクリック

・Macの場合

Safari 1.[Safari]メニューから[環境設定]を選択
2.[詳細]を選択し、「メニューバーに"開発"メニューを表示」をチェック
3.[詳細]ウィンドウを閉じて頂き、メニューバー[開発]を選択
4.「キャッシュを空にする」をクリック
Firefox 1.[ツール]メニューから[最近の履歴を削除]を選択
2.履歴の期間で[すべての履歴]を選択し、消去する項目で「キャッシュ」のみをチェックして、[今すぐ消去]をクリック
3.[開発]メニューより、「キャッシュを空にする」を選択
Chrome 1.[Chrome]メニューから[環境設定]を選択し、画面下の[詳細設定を表示]をクリック
2.プライバシー項目の[閲覧履歴データの消去]をクリック
3.「キャッシュ」のみをチェックして[閲覧履歴データを消去する]をクリック
問い合わせる

「その他」カテゴリの記事